S12使用構築 投石鋼尾ガルクレセ 最高2008

 

どうも,コーエツです.S12お疲れ様でした.

普段は変な型のポケモンを考えて使用していますが,今シーズンは王道を学ぶためにガルーラを軸に構築を組み,レート2000を達成することができました.

使用したのは以下の6体になります.

 

 

f:id:kouetu2:20181106050005p:plain

f:id:kouetu2:20181106050047j:plain

[採用意図]

 メガガルーラ:構築の軸,技範囲が広く対面に強い

クレセリア:ガルーラの相方,バシャやマンダ,グロスを受ける

カプ・テテフ:耐久振りにすると対面に強くなるため特殊アタッカーのエース

カミツルギミミッキュとギャラが重いのでHB

ゲッコウガ:ガルの裏から出すのが強い

ゲンガー:受け回しや小細工をしそうな構築を処理させる

 

[個別紹介]

 

f:id:kouetu2:20181106172919p:plain

ガルーラ

特性 :肝っ玉→親子愛

持ち物:メガ石

実数値:211-176-121-x-123-136(メガ後)

努力値:244-116-    4-x-  20-124

技構成:岩石封じ/冷凍パンチ/地震/アイアンテール

 

<努力値の意図>

 HD:コケコの10万Z耐え

S:最速70族+2

 

<技構成の主な意図>

岩石封じ:対面性能の向上,起点回避,リザガモス

冷凍パンチ:マンダ,ランドに対する打点

地震:ガルド,コケコに対する打点

アイアンテール:耐久ミミッキュ,テテフをHPを残して処理する

 

<紹介と所感>

耐久とSに振ったガルーラ.やや火力が落ちるので,岩石封じによりSを逆転させるのと高威力技で火力は補った.ノーマル技よりも技範囲を広げて抜群をとりたい場面が多かったので恩返しを切った.岩石封じにより対面で舞って来るギャラやマンダをしばけるのとアイアンテールで耐久テテフやミミッキュを葬れるのが最高に気分が良い.

 

 

f:id:kouetu2:20181106172943p:plain

クレセリア

特性 :浮遊

持ち物:ゴツゴツメット

実数値:227-x-166-96-164-113

努力値:252-x-  84-  4-108- 60

技構成:冷凍ビーム/電磁波/月の光/三日月の舞

 

<努力値の主な意図>

 HD:コケコの眼鏡10万が3割くらいの乱数2発,C200のテテフのムンフォが1.7%の乱数3発

S:準速60族+1

 

<技構成の主な意図>

冷凍ビーム:対マンダに負けないようにするため

電磁波:有利対面における後続への嫌がらせ

月の光:サイクル時の回復技

三日月の舞:ガルーラ,テテフの復活

 

<紹介と所感>

 ガルーラ復活装置.特殊に厚くすることでガルーラの裏としての安心感が強かった.ゲンガーやゲッコウガの裏としても優秀であり,電磁波によりゲッコウガの身代わりやカミツルギのギロチンの試行回数を無理やり稼げるのも強かった.

 

f:id:kouetu2:20181106172956p:plain

ゲッコウガ

特性 :変幻自在

持ち物:水Z

技構成:ハイドロポンプ/冷凍ビーム/めざパ炎/身代わり

実数値:149-x-96-145-92-191

努力値:12  -x-68-172-  4-252

 

<努力値の主な意図>

 HB:特化ミミッキュのミミZ(半減)+影うちを確定耐え

S:最速

C:残り

 

<技構成の主な意図>

ハイドロポンプ:高火力技,ドランへの有効だ

冷凍ビーム:マンダ,ランドへの有効だ,命中安定技

めざパ炎:ナット,ハッサムを焼くため,フェアリー技の半減

身代わり:様子見,毒ガルドに対して優位をとるため

 

<紹介と所感>

少し耐久に振ったゲッコウガ.本来,めざ炎でミミZ+影うちを耐えて,カノンZでH4振りミミッキュを倒すことを想定していたがあまり機会がなかったため,マンダナットドランに強く出れるように技を変更した.耐久に振ったまま使用していたのは,耐久に振ることでいろんな技を耐える機会が多かったため.様子を見れる身代わりが便利であり,マンダガルドに対しても強く出れるのが良かった.

 

 

f:id:kouetu2:20181106174252p:plain

カミツルギ

特性 :ビーストブースト

持ち物:半分実

実数値:164-202-177-x-52-153

努力値:236-    4-  76-x-  4-188

技構成:リーフブレード/叩き落とす/光合成/ハサミギロチン

 

<努力値の主な意図>

 HB:A+2特化ミミッキュの霊Z確定耐え,特化ランドの馬鹿力やグロスのアムハン,A+1ギャラの飛行Zを耐えて木の実を食べる,

S:準速100族+1

 

<技構成の主な意図>

リーフブレード:ギャラ,ミミッキュへの技

叩き落とすグロスへの有効打,ランドやカグヤの持ち物を叩く

光合成:サイクルを回せるようにする

ハサミギロチン:有利対面で打つ技,ナットの処理

 

<紹介と所感>

 いつも愛用している耐久ツルギ.ギャラとミミッキュに対してはかなり強い.また,マンダと一緒にいることの多いナットレイマンムー,カプレヒレに対してギロチンを撃つことで3割でeasywinできた.マンダに対してはクレセリアを投げればいいので,ナットレイマンムーの前で光合成をし,サイクル数とギロチンの試行回数を稼げるのも偉かった.また,H振りだけや耐久無振りのカミツルギを落とすことのできる馬鹿力ランドロスやアムハングロスに対してカミツルギが攻撃を耐えることによって相手の想定しないサイクルをすることができ,優位に立てる試合が多かった.

 

f:id:kouetu2:20181106174304p:plain

カプ・テテフ

特性 :サイコメーカー

持ち物:こだわり眼鏡

実数値:175-x-119-151-155-116

努力値:236-x-108-    4-156-   4

技構成:サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール

 

<努力値の主な意図>

 HB:A特化メガバシャのフレドラをステロ込みで高乱数耐え,特化マンダの捨て身が6.3%の乱数

HD:臆病メガリザYのオバヒが6.3%の乱数,C222のメガゲンガーのヘド爆を確定耐え

 

<技構成の主な意図>

サイコキネシス:メインウェポン

サイコショック:Dの硬そうなやつに打つ技

ムーンフォース:メインウェポン2

シャドーボール:交代読みのグロス,ガルドへの有効打

 

<所感>

耐久に振ったテテフ.対面性能は高いが,鋼に受けに来られるので火力に物足りなさは感じた.特殊か物理かのどちらかの耐久を優先したほうが動きやすかったかもしれない.技構成についても考える余地あり.

 

 

f:id:kouetu2:20181106174315p:plain

ゲンガー

特性 :呪われボディ→影踏み

持ち物:メガ石

実数値:165-x-101-191-116-252

努力値:236-x-    4-    4-    4-252

技構成:シャドーボール/ヘドロ爆弾/挑発/鬼火

 

<努力値の主な意図>

 

S:最速

 

<技構成の主な意図>

シャドーボール:祟り目でないのは状態異常でない相手への威力を重視

ヘドロ爆弾:フェアリーへの有効打,高威力技

挑発:ポリ2の電磁波,自己再生を妨害し裏で処理を楽にする

鬼火:物理アタッカーの無力化

 

<所感>

偉いメガゲンガー.ガルーラで相手をするのが面倒な場合に選出した.挑発鬼火で相手の耐久ポケモンを裏のゲッコウガやテテフ圏内に入れる動きは強かった.全体的に構築にパワーが足りないので,耐久ポケモンをコイツでうまいこと処理するかが難しかった.

 

 [特に重いポケモン]

 ・カプ・コケコ:電気無効枠がいないので必ずやってくる.ガルーラ対面もボルチェンか電気Zかは人によって違うので困った.

ギルガルド:残飯,弱保,ゴーストZ,物理のどの型に対してもゲッコウガくらいしか有利に戦えない.

 

 ・テッカグヤ:火力が足りない構築で電気と炎枠がいないので落としきれないことが多かった.よく対戦中に食べ残しを食べているテッカグヤに遭遇しました.ポケモントレーナーのみなさん,ちゃんと食事を与えてあげてください.あなたのテッカグヤはお腹を空かしています.そんな状態で戦わせるのは酷です.

オニゴーリ:ガルーラとテテフのSが低いので起点を作らせないように丁寧に立ち回らなければならなかった.無起点ゴーリに負けるゲッコウガとゲンガーには失望した.

 

 [最後に]

ここまで読んでいただきありがとうございます.ガルーラ軸で初めてレート2000を達成することができて嬉しく思います.ただ,ガルーラの型や取り巻きに対しては考察が未熟であるので今後はもっと考えてガルーラ軸の構築を詰めていきたいです.

また,ガルーラ軸を使い始めて右も左も分からないときに通話でガルーラの有益な情報をくださったガルーラ使いの方々,ありがとうございました.

 

大宇宙カラマネロ

こんにちは,こーえつです.

今回は今シーズン遊んでいてもう使わないであろう自慢のクソ雑魚ポケモンを紹介します.

単体考察というではなく、ただ頭の狂ったポケモンの型を紹介するだけですので至らぬ点しかありませんが温かい目で見守ってそしていい病院を紹介してください.

 

では,本題に入ります.

使っていたのはコイツです.

f:id:kouetu2:20181014014739p:plain

みんな大好きスプラちょーんです.

このイカに対しては特性あまのじゃくを活かして馬鹿力でABを上げるイメージが強いと思いますが,私が使用していたのがこちら。

f:id:kouetu2:20181014035737j:plain

※数値はLv.50の実数値です.

宇宙から受信した起点づくりカバルドンを起点に好き勝手する型です.

 

 [調整]

HB 砂ダメージ4回+特化ミミッキュの霊Zを確定耐え

 その他はどうでもいいので数字が綺麗になるようにしました.

 

[使い方]

① 起点づくりカバルドンに後投げします.

② とおせんぼうでカバルドンを逃げられないようにします.

③ とおせんぼうと特性吸盤によって交代することも交代させることもできなくなったカバルドンを前に風船をチラチラさせながらムカつく顔で影分身と瞑想を6積みします.

④ あくのはどうカバルドンを突破します.

⑤ カバルドンを突破した後はそのまま回避とCDが上昇したカラマネロで蹂躙します.相手に物理アタッカーのZがいる場合は,Zを消費させます.

 このイカのお仕事は以上です.

 

 [何故、カラマネロなのか?]

① 裏に引きづらい

特性あまのじゃくにより威嚇やキングシールドでAが上がるので,カバルドンの裏に用意されていることの多いボーマンダギルガルドなどのポケモンに引きにくいと考えました.また,馬鹿力を意識するとゲッコウガカミツルギにも引きづらいと考えられます.

 

② カバルドンが舐めてくる

カバルドンを起点にするにはカバルドンが確実に仕事ができると舐めてくることも大切だと考えました.挑発ギャラドスカバルドン対策として有効ですが挑発に合わせてコケコやカミツルギに交代されると後手に回ってしまいます.なので,カバルドンがお仕事しやすい環境だと思わせて嵌める為に,初手からカラマネロカバルドンに合わせるのではなく,あくびをするタイミングで後投げします.初手で合わせてしまうと風船で浮いていることからカバルドンに挑発をして馬鹿力で筋トレするということを察して交代されてしまいます.しかし,あくびに後投げすることで,交代しなかった場合は次のターンに眠ってしまうのでカラマネロが風船で浮いていても「ステロを撒いてから吹き飛ばせばいい」,「挑発されても裏のポケモンの起点ができる」と有効打の無い状態で突っ張ってきてくれます.

 

 

使用感

 実際に使用してみるとカバルドンにが選出されたときには意外と嵌めることができました.しかし,相手にカバルドンがいないと完全なる置物となので正直クソ雑魚で邪魔でした.カバルドンが仕事をしたくなるような構築に入れればそこそこ活躍できるかもしれませんがステルスロックを撒かれてしまうので相手に物理のZがいない時しか選出しづらいです.つまりミミッキュが多いこの環境においてはほぼ置物でした.悲しいですね.

 

twitterなどで自慢のポケモンや変態型に腹を立てている人が多い気がしますが,僕は変なポケモンが大好きなので宇宙との交信を続けてできるだけ汎用性が高く理に適ったポケモンの開発を頑張りたいです.

以上,クソ記事を読んでくださった心優しい方,ありがとうございました.

 

 

 

S9使用構築 上振れなかった [最高1994]

 

 

どうも,コーエツです.S9お疲れ様でした.

S9は2000チャレに7度も挑戦しましたが,一度も成功すること無くS9が終わり悔しい思いをしました.S9は色々な構築を考えて試しましたが,どれも出来が悪かったです.その中で2000チャレまでは到達できた構築を記録してしておきます.

 

f:id:kouetu2:20180514022000p:plain

f:id:kouetu2:20180514022217j:plain

 

 

 

 

[個別紹介]  

実数値(努力値)

 

f:id:kouetu2:20180514022728p:plain

ボーマンダ@メガ石  威嚇→スカイスキン

171-187(252)-100-131(4)-90-167(252) ※メガ前

捨て身タックル ずつき 地震 流星群 

 

 

メタグロスアイアンヘッド感覚で頭突きであいさつしてから捨て身タックル.

強いと思った最速マンダに運ゲー要素を取り入れればもっと強くなると思い,頭突きを採用.

捨て身を耐えてきそうな相手には頭突きしていたが,それが敗因になることが多かったので反省した.耐久と火力の調整次第では,本来の不利対面でも確率の良い運ゲーを仕掛けられそうではあるので,調整を考察しておきたいと思った.

 

f:id:kouetu2:20180312171410p:plain

カミツルギ@マゴのみ ビーストブースト

164(236)-201-175(188)-x-51-154(84)

※腕白だとHとSが同数値でBを177まで伸ばせることを知りませんでした。

リーフブレード 叩き落とす ハサミギロチン 光合成

 

 

S8に使用していた耐久カミツルギ努力値が汚らしいので振り直した。

変更点①HPを165から164(4n)に変更

変更点②Sを151から154(準速100族抜き抜き)に変更

 

A特化ミミッキュの+2ゴーストZを最高乱数以外で耐えてマゴのみで回復でき,ミミッキュには後投げでもほぼ負けないので信頼できる.

有利対面ではギロチンを選択していたが,S8ではなかなかちょん切ってくれなかった.

 

 

f:id:kouetu2:20180514022525p:plain

グライオン@ビビり玉 怪力ばさみ

151(4)-147(252)-108-x-95-161(252)

地震 氷の牙 挑発 剣の舞

 

毒もハサミも守るも捨てたグライオン

始めは襷で使っていたが,襷を持ったところでゲッコウガを1撃で落とせる技をハサミギロチン以外覚えないのでカバマンダガルドに殺意を持たせた型にした.襷の場合,カバルドン対面で挑発から剣舞をしてもマンダの攻撃+ガルドの影うちで完封できないのでビビり玉でマンダの後投げを利用にできるようにした.

カバマンダガルドでの選出はあまりされなかったが,カバマンダゲッコやカバマンダコケコで選出されたとき,カバルドンに挑発を入れた後,コケコやゲッコへの地震のダメージを嫌ってマンダを後投げされることが多く,ビビり玉の発動機会はそこそこあった.

 

f:id:kouetu2:20180514022746p:plain

ミミッキュミミッキュZ 化けの皮

151(164)-143(156)-124(188)-x-125-116

じゃれつく 影うち トリックルーム 呪い

 

ABミミッキュ

トリックルームと呪いによるカビゴンのサポートがお仕事.

 

f:id:kouetu2:20180514023956p:plain

カプ・コケコ@イアのみ エレキメーカー

164(148)-x-106(4)-116(4)-108(100)-200(252)

10万ボルト 目覚めるパワー氷 瞑想 身代わり

 

瞑想コケコ.ゲッコウガや耐久ポケモンに比較的強く頼りになった.

 

f:id:kouetu2:20180514024038p:plain

カビゴン@先制の爪 免疫

235-178(252)-86(4)-x-162(252)-50  

捨て身タックル 地震 炎のパンチ 冷凍パンチ

 

最強の持ち物を持ったカビゴン

毒ガルドやゲッコウガ,カプ・コケコに強めに出れる.呪いリサイクル型やあくびリサイクル型と読まれることが多く,毒や挑発をされることが多く,1ターンのアドバンテージを貰えることが多かった.アタッカーとしてもそこそこの火力と優秀な範囲を持っているため,トリルのサポートがあれば活躍できた.

激流ゲッコウガが激流圏内にするために身代わりを連打しているときに爪が発動して葬ってくれた.

 

 

[最後に]

2100を目標にレートをしていましたが2000にすら到達できなかったのが本当に悔しいです.レート2000もやはり私にとっては大台であると感じました.S10は何とか2000を達成したいです.

 

最後にどうでもいい話をすると,USUMになって強いポケモンや型,並びがますます確立されて来たと感じました.同じ並びや技構成を相手していても使用者によって強さが雲泥の差があると感じることも多いですね.私は強い人と同じことをしていても勝てないので,変なポケモンを考えて使用することが多いのですが,同じようなことを考える人が増えて環境を滅茶苦茶にしてほしいですね.カオスな環境の中で上振れを狙ってUSUMで目標である2100に到達してみたいです.

 

ここまで読んでいただきありがとうございました.

 

 

S8使用構築 小学生ラティと3割サイクル [最高2023最終2008]

どうも,コーエツです.S8お疲れ様でした.TN Azuriteでレートしてました.

S8もレート2000を達成することができましたが,2000台で連勝することが難しく目標である2100を達成することはできませんでした.

S8で使用した構築について紹介します.いつもはギミックから構築を考えていましたが,今回はサイクル戦に挑戦しようと思い組んだ構築です.

 

f:id:kouetu2:20180312170715p:plain

f:id:kouetu2:20180312232406j:plain

f:id:kouetu2:20180316234731p:plain

 

[経緯]

サイクル戦に挑戦しようと構築を組んだが,サイクル戦のセンスが皆無でダメージレースで劣勢になったときにどうやって劣勢をひっくり返すのかが全くわからず勝てなかった.そこで,一般的な型のサイクル構築を捨て,相手の想定しにくい行動と運によって一気に劣勢をひっくり返す方法を模索して構築を組んだ.

 

まず,サイクル構築では耐久振りで羽休めや瞑想の採用によって技範囲を絞っていると相手が想定するであろうメガラティアスをCSのアタッカーとして採用.次にテテフやゲッコウガ相手を受けられ相性補完が優秀なエンぺルトを採用した.この2匹ではミミッキュナットレイに対処できないのでカミツルギを採用.

あとは,選出画面でのゲンガー牽制役かつカバマンダガルドに強く出れる型のキリキザン.構築のサイクル感を出せ,一撃技を覚えるグライオン,スカーフ枠にサンダーを起用.

 

 

[個別紹介]  

実数値(努力値)

f:id:kouetu2:20180312170627p:plainf:id:kouetu2:20180312170745p:plain

ラティアス@メガ石  ふゆう

155-x-110-162(252)-151(4)-178(252) ※メガ前

サイコキネシス 10万ボルト 冷凍ビーム シャドーボール 

 

小学生ラティアス

サイクル構築のラティアスは瞑想・羽休め等で相手を詰ませる型が多いので,相手が想定しない火力と技範囲で活躍した.弱点をつけば大体のポケモンを確定2発とれる火力があるため,Sが遅く数値ではなく相性で回そうとするサイクルパに対しては交換読みを1度でも決めればeasy-winできることが多かった.カミツルギやエンぺルトとの相性補完もよく,耐久に振らなくても十分サイクルを回せ,交換読みを通せるサイクル数は十分稼げた.

 

f:id:kouetu2:20180312171410p:plain

カミツルギ@マゴのみ ビーストブースト

165(244)-202(4)-175(188)-x-52(4)-151(68)

リーフブレード 叩き落とす ハサミギロチン 光合成

 

耐久に振ったカミツルギ君.

苦手とするミミッキュナットレイに滅法強い.また,光合成を採用することでハサミギロチンの試行回数を稼ぎ,アームハンマーを持たないメガメタグロスには押し勝てた.冷凍パンチ+アームハンマーを乱数で耐える.

ナットレイマンムーなどのカミツルギを一撃で落とすことのできない相手には交代読みでハサミギロチンを打ってサイクル崩壊を狙っていた.

使用感のイメージとしては,D耐久は無いが回復技のある一撃技を打てるナットレイ

 

 

f:id:kouetu2:20180312171422p:plain

エンぺルト@突撃チョッキ 激流

191(252)-95-108-165(148)-121-94(108)

ねっとう ラスターカノン 冷凍ビーム アクアジェット

 

特殊受けのエンぺルト.

カプテテフやゲッコウガに対して強い.また,交代先を3割で焼くことができるので運勝ちしやすい.あんまり相手を焼いてくれなかったが,特殊受けとして耐久とタイプが優秀だった.

 

f:id:kouetu2:20180312171459p:plain

キリキザン@ラムのみ まけんき

172(252)-188(204)-121(4)-x-91(4)-96(44)

叩き落とす ハサミギロチン 挑発 電磁浮遊

 

カバルドンに仕事をさせない自慢のキリキザン

特性負けん気によりマンダの後投げやガルドのキンシに対しても強く出れる.

電磁浮遊は5ターン,挑発が3ターンなのでラムを持たせることでカバルドン対面では電磁浮遊を選択できるので択にならない.ステロを嫌ったときは挑発から入っていたが,カバルドン地震くらいなら耐える耐久がある.

カバマンダガルドだけを意識するのであればハサミギロチンは岩石封じで良いが,ギロチンを打つのが楽しかったのでこの技構成.

 

f:id:kouetu2:20180312171508p:plain

グライオン@毒毒玉 ポイズンヒール

177(212)-121(44)-145-x-95-161(252)

地震 岩石封じ ハサミギロチン 挑発

 

置物グライオン

エンぺルトとの相性補完や構築全体を耐久サイクルっぽく見せることができると考え採用.しかし,使い方が分からず,明らかに刺さっているとき以外はお留守番.

 

f:id:kouetu2:20180312171549p:plain

サンダー@スカーフ プレッシャー

169-x-106-194(252)-111-148(220)  

10万ボルト ボルトチェンジ めざめるパワー氷 ねっぷう

 

ボーマンダが重いことや素早さが全体的に遅いのでスカーフで採用したが,火力が乏しくマンダの起点.

性能としては霊獣ボルトロスに劣っているが,サイクルっぽい構築に入れることでスカーフが警戒されにくいと考えサンダーを採用.Sはギャラ抜き.

 

 

 

[所感]

サイクル戦の中で3割の運ゲーを仕掛けるのは非常に楽しかった.

一発で3割を引けるときもあれば,試行回数をいくら稼いでも3割を引けない時もあったので安定した強さではなかった.

 

[最後に]

2000を達成できてとても嬉しかったが,目標の2100を達成できなかったのは悔しい.

また,勉強して0から構築を考えて精進します.

ここまで読んで下さり,ありがとうございました.

 

 

S7使用構築 アブリボンカバ剣 [最高2065最終2014]

こんにちは.

コーエツです.S7お疲れ様でした.

S5以来にレート2000を達成することができました.2100を目指して頑張りましたが,力及ばず届きませんでした.しかし,7世代最高レートを2065に更新することができて非常に嬉しいです.同じ構築を使用したサブロムは2033でした.

S7で使用した構築について紹介します.構築としての完成度はまだまだで,構築記事というよりも,使用構築の感想です.

f:id:kouetu2:20180123031541p:plain f:id:kouetu2:20180123031943j:plainf:id:kouetu2:20180124215813p:plain←最終

f:id:kouetu2:20180124220550j:plain←サブロム最高レート

 

[コンセプト]

PTのコンセプトは「アブリボンで素早さのサポートを行い,本来の不利対面を有利対面に変えて対戦を有利に運ぶ」です.

S7では,Sが高く,全抜き性能のあるアーゴヨンの登場によって,アーゴヨンよりもSの高いゲッコウガが増加し,それに伴いカプコケコやポリゴン2も増加したように感じました.そこで,アーゴヨンゲッコウガ,カプコケコを使用する相手が構築作成段階では想定していないであろう高速アタッカーのSを下げるのが有効ではないかと考え,アブリボンねばねばネットで不利対面を有利対面に変える手段をとりました.

 

[ポケモンの採用経緯]

ねばねばネット役として,補助技が豊富でSの高いアブリボンを採用.その後,ステロと起点づくり役にカバルドン,全抜きエースとしてミミッキュに強く,Sランク-1の相手には制圧力が高いカミツルギを採用.

この3体ではマンダ・ガルドに対処ができないので,カバリザでも戦えるようにリザY,タイプ相性がマンダ・ガルドに有利で積み技のあるバンギラス,最後は,守る・身代わりを警戒してPTで重い,メガマンダを引かせず,氷のつぶてで削れるメガオニゴーリを採用.

 

[個別紹介]  

実数値(努力値)

f:id:kouetu2:20180123150702p:plain

リザードン@Yメガ石  もうか→日照り

179(204)-93-111(100)-150(60)-106(4)-138(140) ※メガ前

オーバーヒート めざパ氷 地震 ソーラービーム 

 

耐久に厚いリザY.HBは陽気メガマンダの捨て身耐え.Sはランク-1の最速135族抜き.対面性能が高く,地震を持たせることでドランやウツロイドの処理が楽だった.雑に使って強い暴力ポケモン

 

f:id:kouetu2:20170912215014p:plain

カバルドン@メンタルハーブ すなおこし

215(252)-133(4)-139(4)-x-129(204)-73(44)

地震 あくび ステルスロック 守る

 

起点づくりカバルドン.HDは臆病リザyのオバヒ耐え.残りS.

挑発ギャラや挑発コケコ相手でも仕事をできるようにメンタルハーブを持たせた.アブリボンねばねばネットを撒いた後では,オボンカバでステロからあくびループをするよりも確実にステロかあくびをできる方が使い勝手が良かった.守るは,ランドロスのトンボによるあくびループの脱出の妨害やアブリボンで襷まで削ったガッサやゲッコウガを砂ダメで無償で突破できるように採用した.メンハカバはつえーよ.

 

f:id:kouetu2:20180123150720p:plain

アブリボン@襷 りんぷん

135-x-80-147(252)-91(4)-193(252)

ムーンフォース ねばねばネット 追い風 しびれごな

 

本構築の要のS操作役.飾りではない.選出率は一番高い.

カバリザの呼ぶ初手水Zゲッコウガに強く,ほとんどの対戦で仕事をしてくれた功労者.特性りんぷんにより,初手で出てくる起点づくり要因のランドロスの岩石封じを無視して,上から2回行動できるのが優秀.ギャラドスやHDマンダが対面で竜舞をしてくることが多かったが,追い風としびれごなで起点になることは回避できた.ムンフォの火力はそこそこある.

 

f:id:kouetu2:20180123150731p:plain

カミツルギ@格闘Z ビーストブースト

135-233(252)-151-x-51-177(252)

リーフブレード 恩返し 聖なる剣 剣の舞

 

本構築のエース.ミミッキュに強い全抜きエースは頼りになる.

ねばねばネットにより,カプコケコ,ゲッコウガアーゴヨンの上から叩けるようになり,メガバシャの加速やスカーフガブ,スカーフテテフにも強い.恩返しは,ステロ込みでリザやボルトロスを落とせるように採用.格闘Zなのは,ビーストブーストや剣舞前でもヒードランナットレイを処理できるようにし,削れたテッカグヤをごり押せるようにするため.

マンダやガルドにあまりに無力なのが残念.

 

 

f:id:kouetu2:20170313001321p:plain

バンギラス@岩Z すなおこし

175-186(252)-130-x-121(4)-124(252)

ストーンエッジ かみ砕く 竜舞 地震

 

マンダガルド強い枠.

竜舞岩Zの火力による突破性能や起点なしでも無理やり舞える耐久力は頼りになった.採用理由であるマンダガルドには強かったが,マンダガルドカバルドンと並べられるとカバに対して強くなく,サイクルで後手に回ってしまうことが多かった.エッジの威力は0なのでZで使おう!

 

f:id:kouetu2:20180123151633p:plain

オニゴーリ@メガ石 精神力→フリーズスキン

155-132(252)-90-101(4)-100-145(252)  ※メガ前

恩返し フリーズドライ 氷のつぶて 地震

 

PTの変な枠.

ねばねばネットによるムラっ気守る・身代わり型に見えるがメガ枠.ムラっ気考慮で相手が悠長に交代ができないが強み.例えば,HPの削れたメガボーマンダがゴーリの身代わりを嫌って交代せず,上から殴りにくるところに氷のつぶてで構築で重いメガボーマンダを処理できるのが強かった.

メガ前にムラっ気でない理由は,ねばねばネットによってSのサポートをしたときに限ってAやSダウンを引いてて負けることが多かったため.ムラっ気ゴーリの方が強いとか言わないで:;

 

 

[所感]

Sの操作により有利対面を増やすというコンセプトのもと組んだ今回の構築は使用していて面白かったですが,コンセプトに依存してしまい,選出の柔軟性が足りなかったと思います.選出段階で「これは勝てる.」,「これは無理」ということが非常に多く,ここら辺が大きな欠陥だと感じました.

 

[最後に]

今までは2000で満足していて,2000から潜るだけですごい緊張していましたが,S7は2100を目指して潜って2000以上のレート帯で多くの対戦数をこなせたのが大きな収穫でした.いつか2100到達できるように精進します!

ここまで読んでいただきありがとうございました.

 

 

SM使用構築振り返りと某大会3連覇の自慢

こんにちは.コーエツです.

USM発売までやることがないのでSMで使用した構築を簡単に振り返ろうと思います.

 

[シングルレート]

S1 最高1983

f:id:kouetu2:20171112215459p:plain

使えるポケモンが少なく,オニゴーリが動きやすい環境でした.なので,オニゴーリ対策として選出されるメガハッサムメガメタグロスメガルカリオといった鋼タイプをオニゴーリを餌にスカーフウインディで倒す構築を使用.ゴーリの起点づくりとして岩石封じガルーラや電気玉投げつけるガブリアス等のORASでは全く使ったことのないポケモンを使用できて楽しかったです.レート終了日前日の19時からレート終了日の朝9時まで1600からぶっ通しで潜り続けて2000到達に間に合わずに悔しい思いをしました.

 

S2 最高2047

f:id:kouetu2:20171112215503p:plain

流行っていた砂パを偽装したバシャーモのバトン軸.

SMで初めて2000に到達し,私のSM最高レートのときの構築です.

環境にバシャバトンも一定数いましたが,テテフバシャが流行っていたのと,バンドリマンダの並びからバシャバトンが読まれにくかったため,勝てていました.しかし,1900から2048まで一気に上がった後,信じられないスピードでレートが溶けたのを覚えています.一時環境にマッチしただけで,強い構築でないということを思い知らされました.

 

S3 最高1982

f:id:kouetu2:20171112215510p:plain

ガブでステロ撒いてサメハダーで全抜きを狙う構築.

S3の前半と中盤では,初手に妖Zミミッキュが出てくることが多かった気がします.ロゼルガブリアスでステロを巻いて皮をはがすことができていた.しかし,レート終盤になるにつれてミミッキュを先発ではなくラス1に選出されることが多くなり,サメハダーで勝てなくなっていったのを覚えています.このときの裏選出の耐久ミミッキュのトリルから珠アシレーヌと耐久テテフを通す戦術が意外とはまり,S4ではトリル軸で2000を目指すことにしました.このシーズンの最大の収穫が,持ち物に困って適当に採用したレッドカードミミッキュイーブイバトンパやゴーリ,ポリゴンZなどの構築に対して滅法強いということを知れたことです.

 

 

S4 最高1933

f:id:kouetu2:20171112215439p:plain

6世代でずっと使っていたクチートを活躍させたくて組んだトリックルーム主軸の構築.

初手にクチートもしくはアシレーヌで対面で勝ち,一度レッカミミッキュにひいて,相手の裏を無理やり見てミミッキュのトリルから全抜きを狙うという戦術をとっていました.ただ,ラス1で出てくるミミッキュの処理ルートが確立できなかったです.

不意の特殊Zでクチートが吹き飛ぶので,6世代に比べてクチートの扱いが難しくなったと感じました.

 

S5 最高2001

f:id:kouetu2:20171112215443p:plain

S2以来2000に到達した構築.

レート最終日までクチート軸で頑張っていましたがそちらは全く振るわず,並行して潜っていたカバリザが2000に到達しました.環境でもカバリザグロスの並びが流行っていました.リザY対策をヒードランでしているPTが多く,地震を搭載することで,簡単に勝てる試合も多かったです.特に考えて組んだ訳ではないですが,たまたまバランスが良く,強い構築を組むことができたのだと思います.

 

S6 最高1970

f:id:kouetu2:20171112215452p:plain

バシャバトン軸.

ただ,やはり全抜きするにあたりミミッキュが鬱陶しいので,ABミミッキュすら葬れるアイヘギャラを採用.表よりも表の苦手なところをケアする裏の選出の方が強くなっていました.クチートと一緒で6世代に比べてニンフィアの活躍の幅が大幅に減ったと実感しました.

 

USMでは,メガクチートで頑張ります╭( ・ㅂ・)و ̑̑

 

 

[制限あり大会]

とある生主さんの制限ありのシングルフラットの大会で3連覇することができてとてもうれしいので得意げに語らせてください!

 

大会の制限ですが,レートKP上位のポケモンと一部の特性・技が禁止です.

なので普段レートでしているガチ対戦とは違った対戦を楽しむことができてとても好きな大会です.この大会で面白のが,マイナーポケモンだけでなく,KP上位外のポケモンで強いPTを組めるところです.例えば,ヘラクレセドランやトノラグ等の雨パ,メガフシギバナやメガバンギ等の強力な並びやポケモンも使用できます.

 

そんな中で私が主に使用していたのが以下のポケモンです.

 

メガカイロス

 この大会で強いと思うメガ枠.ミミッキュという絶対的ストッパーがいない以上,ステロを巻いて全抜きという戦術が強いと考えられた.そこで,高いSと突破性能からフェローチェメガフーディンが流行ると思ったので,そこに強い先制技を持つという理由で採用.また,このルールで強いと思ったヘラクレセドラン,ブルドヒにも強い.ラグの起点づくりから剣舞を積んで大暴れすることが多く,頼りになった.

 

ホルード

 大体ノーマルZを持たせて,Zギガインパクトで突っ込む特攻体長.

S種族値78と意外と早いので,最速はまず考慮されなかったため,初手Zで数の有利をとってくれた.AS型と耐久に割いた高速移動型がお気に入り.カイロスの電光石火とホルードの電光石火で押し切れることが多かった.

 

キリキザン

 追い打ち意識でフーディンを出さないで欲しいという意図で採用.ラグカイロスと並ぶとカイロスのあとから出てくるアタッカーに見えるが,実は襷で初手に出す起点づくり型.

 

ラグラージ

 あくび.ステロする一般的な型.無難に強かった.

 

ラプラス

 雨パ対策.こいつがいると雨パが出てこれない.絶対零度と滅びの歌で積み構築にもチャンスを残せる.

 

ドサイドン

 AS岩Z型とDS弱点保険型を愛用していた.ロックカットで全抜きを狙えた.

 

その他の使用ポケモン

フェローチェ

 やはりこいつは強い.なのに全然見ませんでした.カイロスの餌にさせてくれ.

 

ニダンギル

 強いと思った.選出は1度のみ.カイリュウのマルチスケイルを影うちで削りました.

 

ニンフィア,エーフィ

 戦犯となったブイズ

 

 

最後に

USMでもレートはもちろん,レートだけでなくいろいろな大会に参加したいと考えているので,そちらも楽しみです!USMの発売が待ち遠しいです.

S6使用構築「バシャニンフラティのバトンリレー」最高1970

こんにちは.

コーエツです.

S6お疲れ様でした.SM最終シーズンということでいつも以上に気合いを入れてレートをしていましたが結果は振るいませんでした.1900帯をうろついてはレートを溶かして,構築を新たにしてまた1900帯へということを繰り返していた中で,おそらく一番勝てた構築を記事にします.

 

使用したのは以下の構築です.

バシャーモからバトンをニンフィアラティアスとつなぐのが主な戦術です.

f:id:kouetu2:20171110041440p:plainf:id:kouetu2:20171110040924j:plain

 

[個別紹介]

 

f:id:kouetu2:20171110182414j:plain

ニンフィア@ノーマルZ

※実数値(努力値

201(244)-x-116(164)-131(4)-151(4)-92(92)  図太い

ハイパーボイス・身代わり・バトンタッチ・瞑想

 

絵は神絵師しらす氏の作品.私のツイッターアイコンにもなっています.

トレーナーを見つめながらノールックでハイパーボイスをぶっ放すお茶目なところがとってもかわいいです.

本構築のマスコットでバシャからのバトンを受けるポケモン.挑発対策でZを持たせた.ラティがバシャバトンのタイミングで毒や麻痺の状態異常を受けることを避けたかったので中継役として採用.身代わりは状態以上技の回避や,鋼タイプに対して身代わりを盾に馬車にバトンを戻したり,ラティにつなげたりと便利だった.ただ,ビルドバトンがないと起点にできるポケモンはほとんどおらず,7世代で使われない理由が分かった.

 

f:id:kouetu2:20171110182623p:plainf:id:kouetu2:20171110182636p:plain

ラティアス@メガ石

187(252)-x-135(196)-130(0)-150(0)-151(60)  ※メガ前 臆病

アシストパワー・瞑想・身代わり・羽休め

 

詰ませ性能の高いポケモン.鋼タイプをごり押しするために,サイコショックではなくアシストパワーを採用.SとBが上がった状態ではほとんどのポケモンを起点にすることができた.ただ,ミミッキュや悪タイプに弱い.

カグヤとの補完の相性が良く,メガ前でも十分に耐久と耐性があるため,サイクルで相手を削ってメガギャラで全抜きを狙えた.

正直この技構成と調整は強くないが,アシストパワーの爽快感が好きで使い続けてしまった.

 

f:id:kouetu2:20171110182654p:plain

バシャーモ@シュカのみ

187(252)-140(0)-90(0)-x-91(4)-145(252)  陽気

鬼火・ビルドアップ・守る・バトンタッチ

 

守って鬼火してビルドバトンするバシャーモ.鬼火とビルドを両立することでランドロスギャラドス・後投げのマンダすら起点にできたのは強かった.攻撃技が欲しいと思う場面もあったが,鬼火とビルドの両立の方が強いと感じる場面の方が多かった.バトンを抜きにしてもレヒレ以外のバシャを受けに来るマンダやカバルドンランドロスギャラドスに鬼火を入れるだけで強く,メガギャラサポートとしても優秀.

 

 

f:id:kouetu2:20171110182708p:plain

テッカグヤ@マゴのみ

204(252)-108(0)-152(124)-128(4)-132(84)-87(44)  図太い

宿り木の種・ヘビーボンバー・火炎放射・めざ氷

 

ミミッキュメガボーマンダ対策.身代わりか守るが欲しい場面もあったが,ヘビーボンバーだけではマンダの起点にされる場合があるのでめざパを採用.電気と炎に気を付けて雑に宿り木をしていれるのが強かった.

 

f:id:kouetu2:20171110182737p:plainf:id:kouetu2:20171110182746p:plain

ギャラドス@メガ石

171(4)-177(252)-99(0)-x-120(0)-146(252)  ※メガ前 陽気

竜舞・アイアンヘッド・かみ砕く・挑発

 

裏のエース.メガギャラのストッパーとしてABミミッキュを後投げされることが多かったので,アイアンヘッドを採用(H151B124ミミッキュを確定1発).

アイアンヘッドカプ・ブルルカプ・テテフに抜群をとれたり,カプ・レヒレアシレーヌといったメガギャラの止まるポケモンに対しても滝登りよりも少ない回数の怯みで無理やり突破できるので便利だった.

他の技は,テッカグヤカバルドン対策で挑発,PTでよぶメガメタグロスギルガルドへの打点を考えてかみ砕くを採用.

 

f:id:kouetu2:20171110182804p:plain

ミミッキュ@レッドカード

131(4)-142(252)-100(0)-x-125(0)-162(252)   陽気

じゃれつく・いたみわけ・呪い・身代わり

 

いつも使ってるバトンパ,ゴーリ対策.イーブイバトンパに関してはこのポケモンのおかげで無敗.他にも馬車やペンドラーの影分身バトンに対しても安定して活躍してくれた.また,レットカードで無理やり後続を見ることができ,身代わり・呪い・いたみわけで雑に相手を削ることもできるので,バトンパ対策だけでなく活躍してくれた.

 

[基本選出]

・相手にミミッキュ,悪タイプがいない場合はバシャ・ニンフ・ラティのバトン選出.

・相手にミミッキュがいる場合は,メガギャラ選出.

ほとんどの場合がバシャ,非メガのラティ,テッカグヤミミッキュで相手を削った後,メガギャラで突破する選出をしていた.

 

[おわりに]

強い戦術とやりたい戦術のズレというものを感じることができたので,USMではやりたい戦術を強くしてリベンジしたいです.ここまで読んでくださってありがとうございました.